Columnコラム

掲載物件を多くすれば集客が伸びるは間違い!

DATE:

ネット集客からのお客さんの成約率が高い

インターネットの発展に伴い、不動産の集客方法も大きく変わってきました。
私が不動産業界に入った20年前は新聞チラシ、現地販売、ポスティングがメインでしたが、今はネットからの集客が多く、さらにそこから集客したお客さんの成約率も高いのが最近の傾向ではないでしょうか?

もちろん、チラシを見て店舗に直接来店するお客さんもまだまだ多いですが、それは店舗の立地、店の入りやすさなどの複合的な要素が関わるので、早期に成約確率が高いお客さんを獲得したい場合はネット集客を集中的に取り組むことをおすすめします。

ただ全部のネット集客の成約率が高いわけではないです。なにげなく営業の報告だけを受けるだけでは改善しません。

 

集客サイトを効率的に使い固定費を抑える

ではなぜネット集客のお客さんの成約率が高いかですが、これは掲載する物件、掲載方法、価格、返信時間などが関係してきます。またどの検索サイトに掲載するのがいいのかも多額な固定費が掛かり一度やったらなかなか止められないため慎重に決めましょう。

 

【掲載物件を増やす≠集客数が上がる】

スーモ、ホームズ、アットホームなどの物件検索サイトにはたくさんの物件が掲載されています。サイトによって異なりますが(ホームズは反響課金制)、基本どのサイトも固定費がかかり、物件掲載数によって段階的に金額が上がっていきます。そして都心部と地方でも価格が違い都心は同じ掲載物件数でも倍ほどの金額が掛かります。

ここでやってしまいがちなのは掲載物件を増やして固定費が重くなることです。
これは私たちも経験したことですが、結果として掲載物件を増やす=集客数が伸びるではないことがわかりました。

そのためスーモの固定費を月に50万円使うのでなく、3社で50万円使った方が集客数は伸びますがこれもちょっとしたコツで集客数に差がでます。

 

【安い金額で掲載できる検索サイトとは???】

地方で営業されている店舗さんが検索サイトで少ない予算で集客したい時にとっても効果がある方法があります。もちろん予算が月1,2万ほどなので、集客できるお客さんはそんなに多くは取れませんが、費用対効果の高い集客方法です。

それは新興の検索サイトです。2018年であればオウチーノさんがそうでしたが、新興サイトが地方展開をしようと始めた時に、まずは掲載物件がほしいのでお試し価格と表し、とっても安い価格で掲載できるのです。もちろんずっとその金額ではありませんが、安い金額で掲載でき、他の会社があまり導入してこないケースが多いので特にこういう話があったら、そのサイトを規模がそれなりに大きい会社がやっているのならすぐ試してみた方がよいです。

でもなぜ他の会社があまり導入してこないかですが、色々理由はあるでしょうが、多くの不動産業者さんは下記のような理由でやらないことが多いのです。

・今やっているからそれで足りると思っている。
・新しいサイトで集客できると思っていない。
・これ以上費用を掛けたくないと思っている。
・単純に手間だから。
・そもそも決定者の元までこの情報が届かず、社員がいらないと断っていた。

上記の理由を見てどう思いますか?

私なら月額1万とかでできるなら、今のサイトの予算を少し減らし、そこの社員の方は掲載を取りたいからよくしてくれるので社員に教えるのもやってもらい手間を減らしながらやりますね。競合の不動産会社がやっていないサイトに掲載するのは非常に魅力的なサイトだと思うので、規模が大きい会社がやるのなら少なからず一定数以上の規模のサイトになるので1,2か月したら集客はできるはずですし、月額1,2万なら月1件くるだけでも元は取れますのでやらない手はないです。

 

まとめ

ネット集客で大切なのは限られた予算の中でいかに費用対効果を高めていくかを常に考えていかないといけません。また新しいサイト、新しい広告はこれからもたくさんでてくるので、初期導入時にこういう話があったときには、話を聞いてみて低予算であればまずはやってみて、競業他社がやっていない御社が少しでも独占のサイトを増やしていけば集客は多く集まりますのでぜひお試しください。


Column関連コラム

Contactお問い合わせ