Columnコラム

不動産集客に必要なコンテンツマーケティングとは?

「コンテンツマーケティング」という言葉をよく耳にするようになり、コンテンツマーケティングを取り入れている不動産会社様も増えてきています。
近年、Web集客においてはコンテンツマーケティングが重要視されています。
しかし「言葉は聞くけど、コンテンツって何?」「コンテンツマーケティングって何すればいいの?」などと思う方も多いのではないでしょうか。
今回は不動産集客に必要なコンテンツマーケティングについてご紹介していきたいと思います。

そもそもコンテンツマーケティングとは?

まず「コンテンツ」とは直訳すると「内容」や「中身」のことで、ここで言うコンテンツは「情報の中身」のことです。
ホームページ内の文章、画像、動画などを指します。
そして「コンテンツマーケティング」とは、Web広告やセールスに頼らずに、自社の不動産ホームページやブログなどを中心に集客するマーケティングの手法です。
見込み客や既存顧客に向けて価値のあるコンテンツを継続的に発信することで、信頼を獲得し、アクセスを増やし、売上に結び付けようという考え方のことです。

 

コンテンツマーケティングのポイント

コンテンツマーケティングのポイントはターゲットを明確化し、良質なコンテンツを継続的に発信していくことです。
ターゲットを明確化するとは、ユーザーが求めている情報を理解し、「誰に、どのようなコンテンツを届けるか」を把握する必要があります。
コンテンツマーケティングは効果が表れるまでに時間がかかります。
継続的に発信する必要があり、途中で途切れないように役割分担なども決めてやっていくと良いでしょう。

 

コンテンツSEOとは?

「コンテンツSEO」という言葉もありますが、コンテンツマーケティングとは少し異なります。
コンテンツを作成するという点では一緒ですが、目的が異なってきます。
コンテンツSEOとはキーワードを選定し、タイトル・見出し・文章の中にキーワードを含めた記事を作成し、アクセスの増加を目的とします。
そうすることで、Googleから認識されるキーワードを増やすことで、幅広いキーワードでアクセスされるようになり、サイト全体の信頼を高めていくというものです。
対してコンテンツマーケティングはユーザーの視点を重要視し、ユーザーの求めるコンテンツを作成し、自社のファンを増やし、売上アップを目的とします。
効果測定としては、コンテンツSEOは検索数や順位、コンテンツマーケティングは販売数や売上を見ていく必要があるでしょう。

 

コンテンツマーケティングのメリット・デメリット

コンテンツマーケティングのメリット

・費用を削減できる
PPC広告などはクリックされるごとに費用が発生します。
ターゲットがずれていると無駄な費用がかかることにもなります。

・資産となる
作成したコンテンツはインターネット上に蓄積され、資産となっていきます。
そのコンテンツがユーザーにとって有益なものであればあるほど、ユーザーの興味を惹きつけ、サイトアクセスの増加になり、ファンを獲得できます。

コンテンツマーケティングのデメリット

・手間と時間がかかる
コンテンツの作成は手間と時間がかかり、即効性は薄いものです。
コンテンツを作成したら、すぐにアクセス増加や売上が上がるというものではありません。
いかに継続的に行っていけるかが重要となります。

・効果が見えにくい
良質なコンテンツの作成にはユーザーが求めている情報やアクセスの経路などを分析する必要があります。
ツールなどを使用しないと、分析が難しく、テーマがずれていると逆効果にもなります。
アクセス増加=売上増加とはならないことも多く、効果が出ているのかが分かりづらいこともあります。

 

まとめ

コンテンツマーケティングについてご紹介してきましたが、「コンテンツマーケティングとは何なのか」お分かりいただけたでしょうか?
不動産会社の集客においてコンテンツマーケティングは必要なものとなっています。
アウトソースで行うことも可能です。
ぜひコンテンツマーケティングの参考にしていただければ幸いです。

Contactお問い合わせ